子育て

幼児向け英語DVD10選!初めての英語学習にオススメのDVDを紹介

更新日:

幼児向け英語DVD10選!初めての英語学習にオススメのDVDを紹介

2020年から、小学5~6年生で英語が教科化。
また小学3~4年生では外国語活動が開始されます。

いま日本では、グローバル化を視野に入れた教育に力を入れている最中です。

こうした流れにしっかりとついていけるように、幼児期から英語を習わせたいですよね。

まずは手軽に始められる幼児向け英語DVDで、英語に親しむことから始めるのがオススメです。

ここでは、0歳から3歳児を対象とした幼児向け英語学習DVDを紹介します。

0~3歳児にオススメの幼児向け英語DVD10選

英語学習の早期化で、幼児向けの英語DVDも多く発売されています。

とくにキャラクターがいるものや、歌が多いDVDは、英語学習のモチベーションも高まります。
また英語の音が、聞き取りやすいDVDを選んであげることも大切です。

ここでは上記の条件に当てはまる幼児向けDVDを紹介していきます。

えいごであそぼシリーズ

『えいごであそぼ』は、2017年3月までEテレで放送されていた番組です。
NHKが制作しているだけに、子供が夢中になる要素が満載。

たのしい歌やダンスで、英語の単語やフレーズを繰り返すため、自然に英語が入ってきます。

とくにオススメなのが『えいごであそぼ Songs For Everyone』です。

歌とダンスがメインで、うちの娘も夢中になって一緒に踊ってました。

ドーラ シリーズ

『ドーラ』は、全世界24ヶ国で大ヒットしている体験型知育情操アニメーションDVDです。

日本語と英語を交互に話したり、見ている子供に向かって問いかけるシーンがあるので、ドーラと一緒に楽しみながら学べる作りになっています。

英語だけのDVDでは、子供が夢中になれるか心配と感じる人にオススメです。

ここで英語に興味を持ったら、英語だけのDVDを選んで『英語耳』を育てるようにしていくといいでしょう。

ミッフィーのぼうけんシリーズ

『ミッフィーのぼうけん』は、Eテレで放送された新シリーズの番組です。

鮮やかな色と世界観は、幼児も楽しく見ることができます。

こちらのDVDは日本語版ですが、『英語音声』と『英語字幕付き』が選択できるので、英語学習に活用することが可能です。

ミッフィーの物語はゆっくりとした展開で進むので、幼児でもアニメーションを楽しみながら英語を学ぶことができます。

CatChat for BABIES 0歳からの聞き流し英語

『CatChat for BABIES』は、実験音声学に基づく科学的アプローチで製作された英語教材DVDです。

言葉遊びの詩や、手遊び指遊び歌など、子供が一緒に楽しく英語が学べる作りになっています。

聞き流すだけでも学習できるので、集中力が続かない0歳児に最適なDVDです。

それいけ!アンパンマン えいごであそぼう DVD4巻セット

『それいけ!アンパンマン えいごであそぼう』は、アンパンマンの世界観で楽しく英語が学べる英語学習DVDです。

挨拶や食べ物の名前など、英語の歌や踊りで学習することができます。

アンパンマンが大好きな子供が楽しめるDVDとなっています。

Goomies ENGLISH FOR KIDS

『Goomies ENGLISH FOR KIDS』は、アニメーションと言葉、歌で構成されている幼児英語DVDです。

収録されている歌も、『ABCソング』や『きらきら星』など馴染みのある歌ばかり。

言葉に関しては、1つのエピソードで6つの英単語や言葉が使われています。

制作も、子育てに英語を活用しているママさんが携わっているので、幼児が楽しめる要素が詰まっています。

1エピソード約3分で、『アニメーション』『言葉』『歌』で構成。

そのため乳児や幼児でも飽きずに集中して楽しむことができます。

Little Baby Bum 37 Kids’ Favorite Songs

『Little Baby Bum』は、YouTubeでシリーズ合計再生数が110億回を超える幼児教育動画のDVDです。

世界トップレベルの再生回数の中から、人気の37曲を厳選してDVD化。

キャラクターたちが体を動かしながら歌うので、子供も楽しく英語が学べます。

歌も自然な英語発音で歌い始めるので、英語耳を育むにも最適です。

My Best English

『My Best English』は、アメリカの幼稚園や小学校の補助教材として使われている英語知育DVDです。

『フォニックス』読みの発音も収録されており、正確な発音が身につけられるよう構成されています。

フォニックスとは、つづり字と音の関係を規則的に体系化して教える教育法です。
フォニックスの規則性を覚えることで、初めて見る英単語の発音もスペルも簡単に学習することができます。

またDVDには手引き書がついているので、英語が苦手な親でも安心して英語を子供に教えることが可能です。

ハイハイ英語

『ハイハイ英語』は、0歳児から楽しく学べるように制作された幼児向け英会話DVDです。

かわいいキャラクターやダンスなどといった短いコンテンツがたくさん収録されています。

そのため集中力が短い0歳児でも、飽きずに楽しく見られる工夫さされているのです。

DVDに収録されている英語は、英語圏の子供やママさんたちが普段よく使う言葉となっています。

アルクのabc DVDボックス

『アルクのabc DVDボックス』は、生後8ヶ月~6歳の子供を対象としたキッズ英語教材DVDです。

日本語音声がないので、生きた英語をどっぷりと浸かることができます。

また愉快なキャラクターと一緒に、歌や踊りを楽しめるので遊び感覚で英語を覚えることができます。

幼児期から英語を学ぶとで美しい発音を覚える

幼い頃から英語を学ぶメリットとして、美しい『発音』が覚えやすいことです。

とくに1歳児は、聞いたままの音をマネする時期なので、美しい発音を覚えるには最適な時期といえます。

また生まれたばかりの赤ちゃんは、どんな周波数の音でも聞き取れるそうです。

日本語は英語と比べると周波数が低いので、大人になると高い周波数が聞き取りにくくなります。

そのため、幼い頃から英語の音を聞かせることで、『英語耳』を育てる効果が期待できます。

音楽がたくさんあるDVDで英語のリズムを覚える

幼児期に英語のDVDを見せる場合は、なるべく音楽やダンスがたくさん流れるものがオススメです。

英語の音は、耳だけでなく、視覚や聴覚など五感を使うことで、英語独特のリズムなどを身につけることができます。

また全身を使うことで、英語の吸収率も高まりやすいのです。

DVDを見るときは、1人よりもママやパパと一緒に楽しむようにしましょう。

英語は楽しい』という感情を子供に持たせることで、モチベーションを高めながら長く続けさせることができます。

まとめ

幼児向け英語DVDを選ぶポイント

  • 子供が好きなテーマを選ぶ
  • 英語の音が聞き取りやすいものを選ぶ
  • 日本語字幕をつけなくても展開がわかるものを選ぶ

0~3歳児までは、本当に興味を示さないと集中して英語のDVDを見てくれません。

なるべく子供が好きなこと(歌や踊り、動物など)をモチーフとしているDVDを選ぶのが大切です。

子供と一緒に、ママやパパも楽しみながら英語学習をしていきましょう。

  • この記事を書いた人

田中 カナタ

30代後半で3人家族の主。資産運用や自分らしい生き方について日々模索しています。2級ファイナンシャル・プランニング技能士と健康管理能力検定2級を取得。

-子育て
-

Copyright© わらふく , 2018 All Rights Reserved.